クレジットカードって審査に時間がかかることがあります。
でも急な海外出張とかですぐにでも発行してもらいたいときがあると思います。

最近では審査が早く最短即日発行も可能なクレジットカードがいくつかあります。急いでいる人はそういうクレジットカードに申し込むといいと思います。ここでは、そんな急いでいるときに助かる最短即日発行可能なクレジットカードをご紹介します。どれもスマホやパソコンから申し込めるものばかりです。

最短即日発行可能なクレジットカード

(準備中)

最短3営業日以内のクレジットカード

3営業日くらいでも間に合うという人は選択しが広がります。
30才になったらゴールドカード!
30歳以上の人にだけ持つ事が許されるゴールドカード(20代はプライムゴールド)。空港ラウンジや専用デスク、海外旅行損害保険など充実のサービスが魅力。前年度の利用実績でボーナスポイントがもらえる。ゴールドカードは通常のカードよりも審査が厳しく、カードを持つ事自体が信頼感とステータスの証になります。海外旅行傷害保険最高5000万円(カード払いでなくても傷害死亡・後遺障害1000万円)。家族カード1人目無料。「WEB明細+マイ・ペイすリボ」にすると年会費10,000円が4,000円に減額!ショッピング補償年間最高100万円、インターネット不正利用補償付き。安心してネットショッピングや旅行に使えます。
年会費初年度無料/次年度条件により4,000円〜10,000円
発行ネット申込みで最短3営業日
ブランドVISA
初めてカードを持つ学生・新社会人に!
初めてカードを持つなら世界シェアNo.1のVisa!。デビュープラスは18歳から25歳限定で持てるカード年会費は無料!、通常のカードよりポイントが2倍貯まる特典付き。26歳になるとプライムゴールドカードに自動的に切り替わります。海外旅行傷害保険は付きませんが、ショッピングプロテクションは年間最高100万円付きます。ETCカードも発行できるので車を持ってる人にも便利。分割払い、リボ払い、ボーナス払いにも普通に対応しています。
年会費初年度無料/次年度は1回以上の利用で無料
発行ネット申込みで最短3営業日
ブランドVISA
信頼感抜群!テレビCMでおなじみ
信頼の三井住友VISAカード!一見敷居が高いカードのように思われがちですが、通常のカードの他に学生や新社会人向けの「デビュープラス」や「女性専用カード」もあり初めてカードを持つ人もウェルカムなクレジットカードです。25歳未満からデビュープラス(年会費無料)を持っていれば26際以降に更新時には自動的にプライムゴールドカードに切り替わります。豊富海外旅行傷害保険、ショッピング補償、インターネット不正利用補償が付帯するので安心してネットショッピングや旅行に使えます。
年会費初年度無料/次年度条件により無料
発行ネット申込みで最短3営業日
ブランドVISA


こんな場合は即日発行できない

即日発行可能なクレジットカードでも、次のような場合には即日発行できない場合があるので注意しましょう。

キャッシング枠を希望した場合

通常即日発行のクレジットカードではキャッシング枠が0円、つまりショッピングだけで利用できるカードである場合がほとんどです。キャッシング枠を希望する場合、審査に余分に時間を要するため即日発行ができないとしているクレジットカードがほとんどです。しかし、アコムACカードのようにキャッシング枠が付いても即日発行可能なカードがあります。

申し込み内容に間違いがある場合

間違いがあると内容の再確認等で時間をとられます。単純ミスを防ぐため申し込み内容はよく確認してから送信ボタンを押しましょう。

遅い時間の申し込み

カード会社によって、即日発行可能な最終時間が決まっています。午前中に申し込むなら問題ないと思いますが、午後、夕方と遅い時間になるほど即日発行できなくなる可能性が高まるので時間をよく確認しましょう。

受け取れる店舗が遠い

ネットで申し込んで審査に通った後、即日発行を受けるには指定された店舗等に受け取りにいく必要があります。それぞれクレジットカードの受け取り場所が決められていますから近くにあるのかどうか確認しましょう。受け取りを郵送にした場合、即日発送してくれるとは限らないため、受け取りは3営業日以上先になることもあります。

申し込み対象者をよく確認しよう

クレジットカードは申し込めば誰でも手に入れるわけではありません。クレジットカードによって申し込みの対象者が違います。たとえば、

  • 20歳以上で安定した収入のある人
  • 18歳以上で学生も可
  • ゴールドカードは30歳以上の社会人
といった基準が決められています。よく確認してから申し込みましょう。


こんな人はクレジットカード審査に落ちる!

クレジットカードの発行には必ず審査があります。審査基準はカード会社によって異なってきますが、一般的にクレジットカードの審査に落ちる原因としてよくあるポイントをまとめました。

過去に3か月以上の延滞をしたことがある

延滞記録は個人信用情報に5年間は残りますから、5年間はクレジットカードや他のローンなども審査に落ちる原因になります。延滞や他に原因が分からない人は個人信用情報の照会をしてみましょう。自分の知らない間に延滞になっていたりすることもあります。

短期間にたくさんのクレジットカードやローンを申し込んだ

個人信用情報に申込記録というのが3~6か月間残ります。これが短期間のうちに多数あると審査で断られることがあります(いわゆる「申込みブラック」と言われます)。これが原因なら半年待って再度申し込んでみましょう。

年収が低い、勤続年数が短い

年収が平均的な収入より少ない人や、勤続年数が短い人は審査に落ちることがあります。ただし、上場企業の新入社員など勤務先の属性などによって問題なく通ることもありますから申し込んでみないと分かりません。学生は学生向けカードに申し込みましょう。

クレジットカードを大量に持っている

クレジットカードを既に20枚も30枚も持っていると審査に通らないこともあるそうです。これもカード会社によって基準はまちまちなので他のカード会社でトライしてみましょう。

携帯電話料金の滞納がある

携帯電話料金をコンビニ払いにしてうっかり支払いが遅れてしまったり、口座の残高不足で引き落としができなかったりすることが続くと、ローンの延滞と同様に個人信用情報に記録されることがあります。その結果、クレジットカードの審査に通らないことがあります。

現在、携帯電話は「2年契約なら分割代金と月々割で実質端末代0円」という売り方が一般化していて、買う方も「端末代実質0円」ならと、深く考えずに契約してしまう人が多いと思います。その分割払いは実は立派なローンで個人信用情報に記録されるのです。

このように、クレジットカードの審査に落ちる原因はいくつかあります。ただ、実際の審査基準はカード会社によってまちまちなので申し込んでみたらカードが作れた!ということも多々ありますから諦めずに申し込んでみるといいと思います。

このページの先頭へ